CLOSE
三角のポーズ3
直訳は"体側を伸ばすポーズ"ですが、当協会では"三角のポーズ"のバリエーションとして扱っています。このポーズも、伝統的には手を床について行いますが、三角のポーズ同様、体幹の力を使って、"伸びる"感覚を大切にしますので、下の腕には極力体重が乗らないようにします。
英語名:
Extended Side Angle Pose
サンスクリット名:
Utthita Parsvakonasana
サンスクリット読み:
パールシュヴァ・コーナ・アーサナ
こんな時は
・全身の疲れ、冷え性、便秘、胃腸の不調
Beauty
ウエスト・太もも・おしりの引き締め
Caution
・左膝がかかとの真上を越えてしまったり、内側にねじれたりすると膝を痛めるので注意
・左肩と首が近づくと肩が緊張して上手に息ができなくなる
・前かがみになると、体側が充分に伸びず、息も深く行えなくなるので注意
・首の後ろを縮めるとエネルギーの流れが滞ってしまう
・体幹の力を使い、できるだけ左肘にもたれかからないようにする
行い方:
1.両足を大きく開いて立ち、左足先を左側に向け、右足先を正面に向ける。両腕は肩の高さで左右へ伸ばし、肩の力は抜いてリラックス。骨盤を正面に向けて水平にしておく。

2.息を吐きながら、左ひざを曲げ、踵の真上に膝が乗るように腰を静かに沈める。

3.息を吸いながら、背筋を伸ばし、吐きながら上体を左に傾け、左ひじを曲げた左ひざの上に軽く乗せる。

4.息を吸いながら、右腕を真上から円を描くように耳の横に移動させ、気持ちよく右わきを伸ばし、この姿勢で5呼吸ほどキープする。