CLOSE
無空のポーズ
無空のポーズは、ポーズの疲れを癒す休憩のポーズであり、最もリラックスできる瞑想の姿勢でもあります。ポーズの合間に行う際は10呼吸ほど、身体を冷やさない程度に、実習の最後に行う際には5〜15分、心が空っぽになるまで行います。
英語名:
Corpse Pose
サンスクリット名:
Savasana
サンスクリット読み:
シャヴァ・アーサナ
こんな時は
・疲労、緊張、不眠、頭痛
・落ち着きを取り戻す
Beauty
深いリラックスにより、心身のバランスを調整するため、食欲のコントロールなどにも役立つ
Caution
・無理に呼吸を深めよう、無理にリラックスしようとは考えないこと
・呼吸に意識を向けることにより自然にリラックスしてくるのを待つ。
・途中少しでも緊張や不快感を感じたら、動的なポーズが不足しているということ
行い方:
1.仰向けに寝て、膝、肘を軽く伸ばす。両脚は肩幅程度に開き、腕は体側から少し離して手の平は上向き。目は軽く閉じる。

2.仙骨が床と水平になるように腰を伸ばす。背骨は頭頂に向かって伸ばす。

3.ゆったりとした呼吸を行いながら全身の力を抜き、身体を大地に沈み込ませるようなイメージで呼吸をぼんやりと感じておく。同時に全身が広がるような感覚を味わっておく。