CLOSE
鋤のポーズ
クラスの終盤に使われることが多い、Yogaを代表する逆転系アーサナ。見た目以上に首に負担のかかるポーズなので、必ず首が十分に温まった状態で行い、ポーズ中は絶対によそ見をしないこと。また、少しでも首に不快感を感じたらただちに中止するようにしましょう。
英語名:
Plow Pose
サンスクリット名:
Halasana
サンスクリット読み:
ハラ・アーサナ
こんな時は
・肩こり、首の疲れ、疲れ目、頭部の詰まり、内臓の不調、下半身の疲れ、背中の疲れ
Beauty
首すじ・背中・お腹の引き締め
Caution
・首が少しでも痛みを感じるようであれば、すぐに中止する
・首の硬い人は、肩の下にブランケットを敷いて行う
・ポーズ中は終始、決してよそ見をしないようにする
行い方:
1.仰向けになり、両腕を身体に沿うように伸ばし、手の平を床につける。

2.息を吸いながら、両脚を伸ばしたまま床と垂直になるところまで上げる。

3.息を吐きながら、腰を床から持ち上げて足先を頭の方の床につける。

4.ゆったりとした呼吸を行いながら両手を組んで肘を伸ばし、肩甲骨を身体の奥へ押し込むようなイメージとともに胸を反らせ、骨盤を高く持ち上げる。この姿勢で5呼吸ほど静止する。