ヨガ-YOGA.jp ヨーガ(ヨガ)の語源・目的ページ
YOGA.jp
YOGAとは
YOGAの語源
YOGAの目的
YOGAの本質=瞑想とは
YOGAの語源
ヨーガのことを、柔軟体操、健康法、ダイエットのためのエクササイズと思っていませんか?
「ヨーガの効果」でもご紹介しているように、確かにヨーガは柔軟性を高め、健康を促進し、そして見事なダイエット効果を持っています。でもそれらはヨーガを行っている上で得られる副産物に過ぎません。
ヨーガとは何なのか。その本質を、まずは語源からたどっていくことにしましょう。

ヨーガとは「軛(くびき)をつける」という意味のサンスクリット語(古代インド語)です。軛とは、荷台を引く牛馬の頸の後ろにかける横木のこと。「ヨーガ」には、その軛を装着する、つまり牛馬と荷台を結合する、結びつけるという意味があり、そこから転じて精神統一、心を一点に集中させるという意味があります。
ヨーガに限らず、東洋の世界では、人の心を牛馬に喩えることがよくあります。絶えず忙しく動き回り、なかなか捕らえることができない牛馬の性質が、私たちの心と同じような振る舞いをすることからなのでしょう。
その暴れまわる心を一点に結びつけて集中させる。それが「結合」の意味なのです。この他にも「結合」には様々な意味が含まれています。それは心と身体を結びつけること、自分の心と他人の心を結びつけること、同時に自分と宇宙を、そしてあらゆるものを統合することを意味しています。
このように、ヨーガという語には様々な意味、表現の仕方があるのですが、それらは本質的には同じこと、つまり「調和の心をつくる」という共通点をもっています。あらゆるものと対立することなく、調和して溶け合う。ヨーガという言葉には、こういった状態を目指すという意味がひめられていて、そしてそれが目指すべき境地であることを教えてくれているのです。

▲PAGE TOP